住宅ローンを組むときに生命保険を活用するメリット

住宅ローンを組むときに生命保険を活用するメリット

金融機関等で住宅ローンを組む際にはほぼ団体信用生命保険の加入が求められるが、団体信用生命保険は住宅ローンの借用者が死亡や重篤な後遺障害状態になった場合に、その保険金によって住宅ローンの残債と相殺し、残った遺族等に残りの住宅ローンの負債を承継させないという役割を持っています。

団体信用生命保険の掛金はローン残高に応じて設定されるが、前提として掛け捨ての保険であり、償還期限より前に住宅ローンの残高の返済が終了し、債務者本人が生存している場合にはその後の保障はありませんし、掛金の一部が戻ってくることもありません。

それに対し生命保険の場合は多種多様な種類がありますが、特に積立型の生命保険を選択した場合に、ローン残高に見合う保障金額に設定しておけば借入者の死亡や重篤な後遺障害でもローン残高を相殺できるという団体生命保険の役割を果たすともに、中途解約をしても帰ってくる積立金によって早期の繰上償還の財源にできる等の活用ができます。

また住宅ローンの返済が早期に終了した場合でも保障は継続するので、老後生活の設計等に資することができます。

生命保険では死亡保険金が減らない

まず注意しなければならないのは、住宅金融支援機構が提供する「フラット」を除いて、ほとんどの銀行プロパーローンは団体信用生命保険に加入することが義務づけられており、生命保険と代替したくても出来ないということです。

従って、団体信用生命保険と生命保険を比較する場合は、「フラット」で住宅ローンを組んだ場合に限られます。団体信用生命保険は債務者が死亡したときなどに、保険金で住宅ローンの残債が支払われる仕組みですが、当然ながら返済が進むにつれて、住宅ローンの残高も減少していきます。

返済が進むにつれて、死亡保険金を自ら減らしているに等しく、保障範囲はあくまで住宅ローンの残債をなくすということに限定されます。

一方の生命保険は、基本的に加入時の保険金が支払われるため、返済が進んだあとに債務者が死亡した場合、住宅ローンの残債をなくしてさらに保険金が残るというメリットがあります。これは残された家族にとって大きく、生命保険を活用する最大のメリットと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です