変動金利と固定金利の違い

変動金利と固定金利の違い

変動金利と固定金利、住宅ローンを組む際に必ず検討する内容です。それぞれに特徴とメリットとデメリットがあります。変動金利はその名の通り、時代の流れに応じて金利が変わるものです。固定金利は最初に借りた金利のままで、変動しないものです。

変動金利のメリットは最初の金利が低いため、金利の上昇がなければお得のところです。逆にデメリットは、将来に金利が上がる可能性があり、金利が上がったときに、支払いが多くなることです。固定金利のメリットは、金利が一定のため、予定が立てやすく安心感があります。

デメリットは変動金利よりも安定している分、最初の金利が高く、変動金利より支払いが多くなる可能性が高いところです。支払いが終わってみないとどちらが良かったのかは分かりませんが、ある程度の貯蓄があり、返済期間が短く済む方は変動金利が向いていると思います。

返済期間が長く、この先何があるかわからないという不安を感じるより、安心感を求めるタイプの人は固定金利が向いていると思います。変動金利、固定金利、どちらでお金を借りるにしても繰り上げ返済したいものです。

住宅ローンを変動金利で借りるということ

住宅ローンを選ぶ時、返済について考えるのは当然です。金融機関では変動金利と固定金利と一定期間固定金利などの中から選ぶことができます。変動金利のメリットは今現在でいえば、若干固定金利よりも低い利率で借りることができます。

利率が低ければ全体の借入金の合計金額が下がりますから月々の返済額も減り、負担感が低くなります。変動金利でも適用金利が上昇したからといって即座には返済額を上げない金融機関も見受けられます。「5年ルール」といって金利変更から5年間は返済額を据え置くというルールを作っている会社です。

また「125%ルール」といって5年毎に利率を見直す時、前回返済額の125%を上限として返済額を設定する会社もあります。どちらにせよ、全体の返済額は変わりません。利率が上がれば返済額は増え、下がれば返済額は減ります。

変動金利のデメリットは利率の変更による毎月の返済額が左右されることでライフプランが見通せないことです。例えば5年後に利率が下がった場合、暮らし向きはラクになりますが、5年後に利率が上がった場合、給料も上がっていれば対応できるとしても、そうでない場合もあります。

「利率が上がったら固定金利に借り換えすればいい」との考えもありますが、変動金利の利率が上がる時には固定金利も高止まりしていることもありますし、借り換えのために金融機関が提示する条件に自分が当てはまらない可能性もあります。当然年齢も上がっていますし、所得基準に見合うだけの収入があるかどうかが問われるのです。いずれにせよ、メリットとデメリットをよく考え合わせて決めることが重要です。

固定金利のメリットとデメリットについて

家を建てる際に多くの方は住宅ローンを組まれると思います。単純に言ってしまえば、メリットはその期間の金利が変わらないことです。

例え、世界情勢に大きな動きがあり、大きな金利の動きがあった場合でも、初めに契約した金利が守られます。逆に変動金利では金利が上がる場合が
あります。デメリットとしては、変動金利より利率が高いところだと思います。変動金利は、先に言ったように金利が上がるリスクを負う代わりに
金利が非常に低金利となっていますが、固定金利は、リスクがない代わりに設定金利が比較的高い金利となっています。

ただ、固定金利にも色々あり、10年で満期となるローンもあれば、35年ずっと金利の変わらないローンもあります。もちろん、ずっと金利が変わらないということは、安心がずっと続きますから、その分、金利は高くなります。

10年ローンとした場合、11年目には、新たにその時の金利で固定金利のローンを組むか、変動金利のローンを組むか選択する必要があります。10年後金利が高くなっていれば、35年ローンより多く利子を払うこととなりますし金利が安くなれば、その分利子も安くなるといった見直しも可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です